ドクターセノビルも注目されているみたいですけど・・

ドクターセノビル

人間の成長期というとやはり小学生から中学生ぐらいの間…といわれています。

 

この時期に身長が伸びないとずっと身長が低いまま…両親もあまり身長が高くないし、子どもの身長があまり伸びなくても諦めよう…と思われていませんか?

 

しかし、身長が伸びないというのはお子さんにとっては大きなコンプレックスになっているかもしれません。

 

見た目を気にするお子さんもいるかもしれませんし、スポーツをしているお子さんにとっては身長が低いというのはそれだけでハンディになってしまうことも…

 

そこで注目されているのが、お子さんの成長をサポートしてくれるサプリメントです。中でも人気なのがカラダアルファとドクターセノビルですね。

 

メディアなどでもとりあげられることの多いこの2つの商品ですが、一体どんな違いがあるのでしょうか?成分などを中心に比較してみたいと思います。

 

まずドクターセノビルですが、成分としてはオルニチン・シトルリン・アルギニンそしてボーンヘップ(αーGPC)が配合されています。

 

アルギニンの吸収率をあげるためにビタミンB群も同時配合されていますし、ボーンヘップ(αーGPC)が成長ホルモンの分泌を促してくれるそうですが、気になったのが価格です。1箱が19,600円ということで、少しお高めな気がします。

 

また、グレープフルーツ味の水に溶かして飲むドリンクタイプなのですが、同じ味ばかり飲んでいると子どもが飽きてしまうのではないかと不安になりました。

 

対するカラダアルファですが、成分としてはスピルリナ・コラーゲン・ひじき末などです。

 

スピルリナって一体?と思い調べてみたのですが、スピルリナは30億年以上も前から地球上に生息する植物で50種類以上の栄養素を含有していることから世界保健機構(WHO)も摂取を推奨しているスーパー野菜なんです。

 

成長期には沢山の栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、食事だけからというのはお子さんも親御さんも大変ですよね。

 

だからこそ、カラダアルファを毎日継続して飲み続けることで成長を促し、尚且つ丈夫な体をつくることが可能になるんです。

 

また、カラダアルファは定価で購入しても6,000円ということでお財布にもとても優しいサプリメント!ということがわかりました。

 

>>カラダアルファ 詳細ページはこちら

 

 

TOPページへ